INFORMATION

12月20日日本遺産認定記念花火

今年(2020年)6月に信州上田・塩田平が文化庁によって「日本遺産」に認定されました。

レイラインがつなぐ「太陽と大地の聖地」

       ~龍と生きるまち 信州上田・塩田平~

この塩田のレイラインに沿って上田市日本遺産推進協議会が12月20日(日)に記念の花火を打ち上げます。地元の塩田まちづくり協議会もこの事業に協賛し、花火の打ち上げ場所の追加や翌日の清掃活動への参加など全面的に応援します。

花火は時間差で上がります

記念花火は神川地域から別所地域まで7か所で予定されていますが、一斉ではなく7地点を時間差で打ち上げます。(一か所5分程度)夕方6時頃に神川地区をスタートし、最後の別所温泉では6時40分くらいと予想されます。

昨年の台風災害復旧への思いも込めて

塩田地域の打ち上げ予定エリアは、塩田のレイラインに沿って生島足島神社周辺、泥宮周辺、舌喰池周辺、別所温泉周辺の4か所ですが、三密回避のため打ち上げ場所は非公開です。新型コロナウィルス感染予防のため密を避けつつ、昨年の台風災害復旧への思いやコロナ禍の早期収束への願いを込めて冬の花火を見上げましょう。

最近のブログ記事

PAGE TOP