ブログ

塩田の文化財 -文化財の宝庫「生島足島神社」-

今回ご紹介するのは、下之郷にある「生島足島神社」です。初詣や七五三などに限らず、一年中お参りする人が絶えない人気スポットです。諏訪大社と同じように7年目ごとに行われる「御柱祭」は、地域挙げての行事でとてもにぎやかです。
 お祀りされているのは「生島」「足島」の2柱の神様。宮中にも祀られていて、日本国土を生成したとされる神様のお仲間です。
もうひとつの顔が「文化財の宝庫」です。生島足島神社は歴史が古く、いつ創建されたかは不明ですが、平安時代の10世紀頃出された朝廷の公文書「延喜式」には、諏訪大社などとともに信濃国では6つしかない「大社」に格付けされているので、それよりも相当前からあったことになります。

 

 そんな歴史のあるお宮、国や県から指定されている文化財が多く、皆さんが参拝される本殿の中にある「内殿」は県宝に指定されています。一般の人が見ることができないのは残念ですが、旧本殿の建物で、平成3年(2001)に行われた調査によると、室町時代の16世紀前期から中期に建設されたと推定されているようです。この内殿の土間=土が御神体です。大地そのものなんですね御神体が。

 

 

 また、本殿の向かいにあるのが「諏訪社」です。本殿と門が県宝です。本殿の創建は、江戸時代初期の慶長15年(1610)、大河ドラマ「真田丸」で大泉洋さんが演じた真田信之公が上田藩主の時に建てたもの。祀られているのは、諏訪大社と同じ建御名方富命(タケミナカタトミノミコト)と八坂刀売命(ヤサカノトメノミコト)に八重事代主命(ヤエコトシロヌシノミコト)。いわゆる諏訪系の神様です。

 

 

 昔、建御名方富命が諏訪に向かう際に生島足島神社に立ち寄った時、生島神、足島神に御柱を奉ったのが「御柱祭」の起源ということですが、もうひとつ、御柱だけでなくお粥を差し上げたということだそうです。それが今に伝わる「御籠祭(おこもりさい)」。11月から4月にかけて、諏訪神が「御神橋」を渡って生島足島神社の本殿に移って留まり、1週間に1度生島・足島両神にお粥を献じるというもの。
お宮には、このほかにも文化財があって、県宝の「歌舞伎舞台」は、明治元年(1868)に建てられたと伝えられています。「回り舞台」や「せり」もあり、今は中も見ることができるようになっています。
また、多くの貴重な古文書があり、国の重要文化財に指定されています。「武田信玄願文」は、信玄が上杉謙信と川中島の戦いの前に必勝祈願したもの。信玄の配下の武将たちが血判を押して信玄への忠誠を誓った「起請文」は83通も残されています。これらは一般には公開されていませんが、歌舞伎舞台の中でコピーを見ることができます。
生島足島神社には、こうした貴重な文化財が多く残されていますので、お参りするだけでなく、こうした文化財を見ながら、お宮の古~い歴史を思い起こしてみるのも楽しいですよ。(F森)

関連記事

  1. ここにもあった!! 塩田のレイライン
  2. 塩田の秋 その1 前山寺の黄葉
  3. がんばれ別所線! 橋の形のブックエンド 2つ目が出来た!!
  4. ため池まつり その3 芝生広場でコンサート
  5. 東前山 あじさい小道
  6. 塩田の山 その1 弘法山
  7. 塩田平の文化財 ―2つの塩野神社 その1 前山―
  8. 三重塔近くで鳴くウグイス

最近のブログ記事

PAGE TOP