ブログ

塩田スイーツ物語 -凍った!!どら焼き-

 塩田地域のお菓子を紹介するシリーズ。今回は、西塩田の新町にある菓子屋さん「梅光堂新町店」の夏にぴったりのお菓子です。
梅光堂は、創業が大正4年(1915年)というから、100年以上も前から塩田平で和菓子を作っています。ここは、いろいろな和菓子を作っていますが、我が家ではなんと言っても「どら焼き」。

 


ここのどら焼きは、あんこだけのものや「あんバター」が入っているものなどいくつか種類があります。そしてこの時期は、凍らせたどら焼き「アイスどら焼き」がやっぱり目に付く。中味は2つあって、「あんこ+イチゴクリームの苺味」「あんこ+抹茶クリームの抹茶味」。前にもご紹介しましたが、イチゴはこのブログでは初お目見え。30分ほど自然解凍して食べると、カステラ生地は柔らかく、あんことクリームは冷たい。
ここのどら焼きは、アイスどら焼きに限らず、あんこやクリームがたくさん入っていて、しかも甘すぎず、私は大好きです。


でも、アイスどら焼きは、すみません、夏限定なので8月いっぱいくらいで店頭からはなくなります。こんな時期のレポートになってしまいましたが、ほかにお勧めのどら焼きを紹介。「あんバターどら焼き」です。つぶあんとマーガリンがたっぷり入っていて、食べ応えもありますし、しっとりしたカステラ生地との相性は抜群です。(F森)

関連記事

  1. 「信州上田・塩田平検定」に出る(?)文化財その5 長福寺
  2. チェーンソーで彫った釈迦如来 中禅寺
  3. 塩田平のため池 -小島大池 生類憐みの令で死罪?-
  4. 古寺の彼岸花 中禅寺
  5. 塩田平の文化財 -雨乞いの奇祭「岳の幟」-
  6. 弘法山で三十三体の観音様を巡る② 絶壁を登る
  7. パノラマラインからパノラマ写真
  8. 塩田のワイン 「古安曾農園」ブランド

最近のブログ記事

PAGE TOP