ブログ

秋の独鈷山(10月28日)

天気が良かったので西前山登山口から独鈷山に登ってみました。虚空蔵堂の先には新しい登山口看板があります。日頃の運動不足のせいでなかなかペースがあがりません。30分ほど歩いたところで疲れて休憩していると後続の登山者に追い越されてしまいました。気を取り直してヒノキの植林地を越えて尾根上に上がる急なつづら折れを登っていくとブナなどの広葉樹の森になります。紅葉には早いですがブナの緑に癒されます。登山道は急傾斜ですが、地元自治会で所々にステップを整備されているので助かります。ロープ場を越えて展望台に出ると山頂東側の断崖が綺麗に紅葉していました。振り返ると鉄城山の先に舌喰池が見えています。9月の大花火大会を思い出しました。頂上にたどり着くとカエデの鮮やかな黄色が目に飛び込んできました。西内方面の山も柔らかく色付いています。これから11月上旬にかけて紅葉も進むと思われます。皆さんもどうぞ秋の独鈷山へお出かけください(しおだのカッパ)

  

登山口の看板(西塩田支部が設置)                  木漏れ日の中を進む          ブナ林に癒される

山頂東側の断崖                    鉄城山の向こうに舌喰池         コナラの紅葉

やっと山頂についた             山頂から西内方面            カエデの黄色が青空に映える

関連記事

  1. 塩田のレイライン 夏至の朝日がいつでも!見られる
  2. いざ鎌倉! 塩田から鎌倉への道
  3. 四国八十八所の霊場を信州の塩田で巡る その8 中禅寺
  4. 普段はご本尊が拝めないお堂 その2
  5. 塩田平の文化財 -別所線の駅舎-
  6. 断崖絶壁の「鴻の巣」は、その昔鉱山だった!
  7. 塩田平のため池 -舌喰池 悲しい言い伝え-
  8. 塩田のため池をドローンから見る⑤ 中野前池

最近のブログ記事

PAGE TOP