ブログ

パノラマラインからパノラマ写真

 新しい年。今年も明けました。
北向観音や生島足島神社の初詣も、昨年と違ってちょっとにぎやかでした。
年末に、丑年も終わるということで、(というほどの意味はなかったのですが)塩田の風景を標高の高いところから見てみたいと思い立ち、パノラマラインに行ってみました。「塩田野パノラマライン」。標高600mくらいのところを走っている道で、前山寺から安曽神社までの道のりです。安曽岡山の中腹を横切るという感じ。車が1台通れるくらいの道幅で、舗装はされていません。マウンテンバイクで行くのがお勧めなのですが、寒くてその元気が出ず、軽トラで出かけます。
前山寺と安曽神社のちょうど中間あたりにあるのが「見晴台」です。「安曽望会」という東塩田のグループが作った展望台。塩田が一望できます。
ただ、ここだと西塩田の方面が望めないので、撮影スポットを探していたら、昨年、木を伐採したところがあり、眼下に塩田平が広がるのが見えるのです。
パノラマ写真を撮ると、左には女神岳が見え、夫神岳、青木村の十観山、子檀嶺岳、そして右の方には遠く虚空蔵山や太郎山も望めます。
下には山王山公園が見え、その左には木で見えないのですが、前山寺がある(はず)。
日本遺産に認定された塩田平。今年もその魅力をお伝えしていきます。よろしくお願いいたします。(F森)

関連記事

  1. 西前山のアヤメ街道
  2. 生島足島神社の御柱祭 前編
  3. 「真田丸」を食す?!
  4. 塩田にもある! 分厚いクリームの牛乳パン
  5. 塩田平の文化財 坂東三十三観音
  6. 御神木と龍のちょっと悲しい物語 前山塩野神社
  7. 長野大学生が以前発行した塩田や大学の歴史を紐解いた小冊子を改訂
  8. 塩田平の文化財 ―2つの塩野神社 その1 前山―

最近のブログ記事

PAGE TOP