ブログ

塩田の文化財 洋風建築① 旧宣教師館

洋風建築というと、古いものでも建てられたのが明治期から大正期で、100年から150年くらい前のものでしょう。文化財として考えれば、鎌倉時代や室町時代といった数百年前の神社仏閣の多い塩田では「新しい」もの。
 でも、明治になって外国との付き合いが始まり、貿易や戦争など良くも悪しくも関係が深まった、そして「近代化」の道を進んだ日本にとって、歴史の大きな転換期でした。
塩田には、その当時の建築物は、お寺などと比べれば多くはないのですが、上田や塩田の歴史を知るうえで押さえておきたいものもあります。
そこで、そんな建築物を2回に分けていくつか紹介します。
今回は、「旧宣教師館」
下之郷の高台にあり、「他田塚古墳」(おさだづかこふん)など「下之郷古墳群」のあるところに建っています。見晴らしがよい場所。
明治37年(1904年)に建てられたものです。もともとここにあった建物ではなく、上田市の中心部にあったキリスト教の宣教師の布教の場でした。カナダのメソジスト教会の女性が、その3年前、「上田幼稚園」という幼稚園を造り、その後「梅花幼稚園」に改名、隣接地に宣教師館を建てました。したがって、宣教師たちは、布教と共に幼稚園教育を行う先生で、できた次の年からは幼稚園教諭を育成する「上田保母伝習所」になりました。
 その後、昭和15年(1940年)、日本と欧米の関係が一触即発になる中、宣教師たちは帰国してしまいます。
そこで、今の上田東高校の「小県蚕業学校」初代校長だった三吉米熊(みよしよねくま)の子どもで、医師だった敬蔵がこの建物を購入し、住宅兼病院として使いました。
平成5年(1993年)に、上田市が三吉家から譲り受け、今の場所に移築・復元したのです。
木造瓦葺の2階建てで、全体が立方体に近い箱の形。当時のアメリカの伝統的な木造建築なのだそうです。寒冷地に適していて、上田の気候に合っていたのだとか。
 向かいには下之郷古墳群。明治期の洋風建物と古代日本のお墓。古墳のあるところは「いにしえの丘公園」と名付けられているのですが、違う時代の「いにしえ」が楽しめる場所ですね。(F森)

関連記事

  1. 中禅寺薬師如来坐像の特別公開
  2. 別所線と走ろう・歩こうイベント
  3. 四国八十八所の霊場を信州の塩田で巡る その18 龍澤寺
  4. 長野大学生が以前発行した塩田や大学の歴史を紐解いた小冊子を改訂
  5. 塩田平のため池群 日本遺産の文化財に指定
  6. 前山寺の春 咲き誇る花々とウグイスの声
  7. 鎌倉殿の13人 北条義時の孫は塩田に住んでいた
  8. 塩田平の文化財 -道祖神 その2の後編-

最近のブログ記事

PAGE TOP