ブログ

がんばれ別所線! 沿線に案山子登場!! その1

 「実るほど こうべを垂れる 稲穂かな」の秋になってきました。塩田の田んぼも稲が黄金色に色づいてきました。
そんな中、上田東ロータリークラブが進めてきた「別所線応援かかしプロジェクト」では、9月11日に沿線の各所で案山子が設置されました。
このプロジェクト、塩田平が日本遺産に認定されたこと、別所線の赤い鉄橋が一昨年の台風で落ち今年の3月にやっと復旧したこと、別所線が今年運行100周年であることなど、様々な意味を込めて別所線を応援しようと始まりました。いろんな人たちに声をかけて案山子を作ってもらい、別所線沿線のあぜ道やため池に立てる。そして、別所線に乗った人たちに見てもらう。お客さんのおもてなしにもなるし、地元の人たちにとっても、なんか楽しい!
 そして、今、別所線の上田駅から別所温泉駅まで、全部で100体を超える案山子が並んでいます。この日から10月の末までこれらの案山子が見られます。別所線に乗りながら、安曽岡山や独鈷山をバックに見る なんていいと思います。
たくさん案山子があるので、今回から何回かに分けて写真でご紹介します。
まずは「別所温泉駅」。乗降ホームの向かい側には、我が塩田まちづくり協議会代表の「別所線と走ろう」のオレンジ色の案山子などが並んでいます。
乗降ホームには、「小泉小太郎」のおばあさん、小太郎(ちょっと見えづらいですが)、実は大蛇だったお母さんが並び、その横には着物を着た女性たちが。

 

 そして、駅の待合室には、名物「着物の駅長」「アマビエ」
小泉小太郎の3体は、案山子作りを指導した先生方の作品。さすがの出来です。まいりました。(F森)

関連記事

  1. 塩田の秋 その1 前山寺の黄葉
  2. がんばれ別所線! ラッピング電車とストリートピアノ
  3. 塩田のタケノコを採って メンマを作る!
  4. 塩田スイーツ物語 -くるみ&白黒ごまのおはぎと豆大福-
  5. 大河ドラマにも登場 木曽義仲ゆかりの文化財 その2
  6. 前山寺三重塔の謎 いつできて、どうして未完成なのか? 前編
  7. 四国八十八所の霊場を信州の塩田で巡る その8 中禅寺
  8. 若者が作るタウン誌 長野大学の「てくてくうえだ」

最近のブログ記事

PAGE TOP