ブログ

夏に冷やして!酒を飲む & お知らせもあり

夏と言えばビール。冷蔵庫でキンキンに冷やして飲む! 最高ですね。あと、白ワインもうんと冷やしていただくのもいいですね。両方とも、冷やしすぎると味は良くわからなくなってしまうので、「通」の飲み方ではないんでしょうが。
 ある日、別所線の中野駅近くにある若林醸造のお店に行って、夏に合う日本酒ってありますか?って聞いたら、写真の2つのお酒を勧めてくれました。「つきよしの」の銘柄は同じなのですが、左のは「燕返し」。無濾過生原酒だそうです。右は「緑」。純米吟醸酒です。
「燕返し」って、名前もラベルもほかの銘柄のものとちょっと違いますね。ここのお酒は「赤」とか「白」「緑」「萌黄」といった色の名前が多く、ラベルもそれらの色を使っています。一方で燕返しは、青い空を飛んでいる燕がラベルに描かれています。そして「TSUBAME GAESHI」の文字。
名前の由来を若林醸造のホームページで見ると、「4月の気温が不安定で、まるで燕返しのようにいきなり上がったり下がったりで、もろみ管理に苦労した」からのようです。ただ「思ったより綺麗に仕上がったので、商品化した」とのこと。
2本とも冷蔵庫で冷やしていただきました。スッキリしているのは両方とも同じなのですが、味わいは違う。どう違うかと問われると、あっという間に飲んでしまったので「申し上げられません」。
ところで、若林醸造に関してお知らせがあります。
 ここの若き女性杜氏の若林真実さんの講演会が塩田で開かれます。婦人服メーカー勤めから実家の酒蔵の杜氏になった経緯、酒造りのやり方、創業120年を超える若林醸造の歴史など聞きたいことだらけの内容です。よろしかったらどうぞ。(F森)
日時 7月22日(土)午前9時30分~11時
場所 塩田公民館大ホール
会費 資料代として200円

関連記事

  1. 干支のお地蔵様 龍光院
  2. 塩田スイーツ物語 -花束型のオムレット-
  3. 生島足島神社の御柱祭 前編
  4. 日本遺産の文化財 -信濃国分寺三重塔-
  5. 塩田の山をみんなで登るイベント2つ② 弘法山観音巡り
  6. 塩田平の文化財 -安曽神社 前編 珍しい門-
  7. 弘法山で三十三体の観音様を巡る② 絶壁を登る
  8. 大河ドラマにも登場 木曽義仲ゆかりの文化財 その3 手塚治虫さん…

最近のブログ記事

PAGE TOP