ブログ

どんどん焼き

 青竹を組み、豆ガラやワラで周りを囲み、その上にお正月飾りを置いて燃やします。

 12日は地区のあちらこちらから煙が上がりました。

 この火にあたって、焼いた繭玉を食べれば今年も元気に過ごせます。

 小学生を持つお父さん、お母さんが暖かい美味しい甘酒を作ってくれました。

 ご近所のみなさんありがとう!           広報委員 グリン

関連記事

  1. 四国八十八所の霊場を信州の塩田で巡る その10 無量寺
  2. 塩田平の文化財 -道祖神-
  3. 別所温泉ハレterraceのジェラートアイス じょうしょう気流に…
  4. 長野大学の学生が塩田や大学の歴史を紐解いた小冊子を発行
  5. 日本遺産認定記念花火 7か所で次々と!
  6. 四国八十八所の霊場を信州の塩田で巡る その5 鈴子薬師堂・石神釈…
  7. 塩田の山 雨乞い行事の起点 夫神岳
  8. 秋の独鈷山(10月28日)

最近のブログ記事

PAGE TOP