ブログ

どんどん焼き

 青竹を組み、豆ガラやワラで周りを囲み、その上にお正月飾りを置いて燃やします。

 12日は地区のあちらこちらから煙が上がりました。

 この火にあたって、焼いた繭玉を食べれば今年も元気に過ごせます。

 小学生を持つお父さん、お母さんが暖かい美味しい甘酒を作ってくれました。

 ご近所のみなさんありがとう!           広報委員 グリン

関連記事

  1. 塩田平のため池 -手洗池 木曽義仲の武将にまつわる名前の由来-
  2. がんばれ別所線! 全線開通と百周年の記念日本酒
  3. 高台の禅寺に咲くカタクリの花
  4. 塩田の文化財 -丸窓電車-
  5. 塩田のスイーツ物語 まんじゅう屋さんのバウムクーヘン
  6. 塩田平の文化財 -塩田の百体観音-
  7. 前山寺三重塔の謎 いつできて、どうして未完成なのか? 後編
  8. 塩田平の文化財 鎌倉殿の13人 義時の孫の墓

最近のブログ記事

PAGE TOP