ブログ

塩田平を歩く -塩田平を一望できる見晴し台-

塩田の山麓を巡る「パノラマライン」という道路があります。前山の前山寺から石神の安曽神社までの約4kmで、標高約600mのところをだいたい等高線沿いに走っています。昭和四十年代にできた道路で、未舗装のところが多く、幅も1車線程度なので、車を見ることは滅多にありません。ということは、歩くには最適で、マウンテンバイクで走ることもできます。
そんなパノラマラインの中程にあるのが展望台です。
平成17年(2005年)に、地元の地域おこしの団体「安曽望会」(あそぼうかい)が造ったもので、ここから塩田平が一望できますし、上田の市街地や山々をその先に見ることができます。

 

 道路から斜面の上にかけて板張りの床が整備されていて、キノコにも見える傘状の屋根がついたベンチもあります。手すりに持たれて下を見ると、春には田植えをしたばかりの田んぼ、秋には黄金色に色づいた稲穂が一面に。
お弁当を持ってパノラマラインをゆっくり歩き、ここでお昼。なんていうのもいいですよ。(F森)

関連記事

  1. 日本遺産に登録! その3 別所線としな鉄の記念切符が出た
  2. 塩田スイーツ物語 -凍った!!どら焼き-
  3. 長野大学がまたやってくれました!! 地域貢献活動
  4. 塩田平のため池 -舌喰池 悲しい言い伝え-
  5. 常楽寺の「動物園」?!
  6. 西前山のまっすぐ伸びたあやめ街道
  7. 東前山「あじさい小道」のガクアジサイは8分咲きです。
  8. 塩田のスイーツ物語 こだわりパン屋の焼き菓子

最近のブログ記事

PAGE TOP