ブログ

塩田平を歩く -塩田平を一望できる見晴し台-

塩田の山麓を巡る「パノラマライン」という道路があります。前山の前山寺から石神の安曽神社までの約4kmで、標高約600mのところをだいたい等高線沿いに走っています。昭和四十年代にできた道路で、未舗装のところが多く、幅も1車線程度なので、車を見ることは滅多にありません。ということは、歩くには最適で、マウンテンバイクで走ることもできます。
そんなパノラマラインの中程にあるのが展望台です。
平成17年(2005年)に、地元の地域おこしの団体「安曽望会」(あそぼうかい)が造ったもので、ここから塩田平が一望できますし、上田の市街地や山々をその先に見ることができます。

 

 道路から斜面の上にかけて板張りの床が整備されていて、キノコにも見える傘状の屋根がついたベンチもあります。手すりに持たれて下を見ると、春には田植えをしたばかりの田んぼ、秋には黄金色に色づいた稲穂が一面に。
お弁当を持ってパノラマラインをゆっくり歩き、ここでお昼。なんていうのもいいですよ。(F森)

関連記事

  1. 塩田のスイーツ物語 古寺でいただく くるみおはぎ
  2. 日本遺産に登録!塩田のレイライン
  3. そばも名物に! 花は見頃
  4. 塩田平の文化財 -面白エピソードがある県内で一番大きな五輪塔-
  5. 四国八十八所の霊場を信州の塩田で巡る その11 温泉薬師堂
  6. フォトギャラリーに投稿していただきました 山田湧水
  7. 塩田の文化財 -文化財の宝庫「生島足島神社」-
  8. 終戦の日 無言館の取組み

最近のブログ記事

PAGE TOP