ブログ

裏見(?)の三重塔

2月も下旬になり、寒い日もあれば4月頃の気温にもなるという春待ち遠しい時期。最低気温がプラスというこの日、雲一つない青空で、散策日和。前山寺から弘法山の登山口までジョギングした帰り、三重塔が見えるところまで下りてきたところ、塔の向こうには塩田平が広がり、その先には山々が連なっているのが印象的で、思わずスマホで写真を1枚。
前山寺の三重塔は、「未完成の完成塔」と呼ばれ、縁(廊下)や勾欄(手すり)ができていないけれども、それがなくても美しいので、バカボンのパパだったら「これでいいのだ!」というかもしれないくらい整った姿です。高さは約20メートル。塔のすぐ近くで見れば当然見上げるようになりますが、裏手の坂の上から見れば、塔を見下ろす形になります。1層目は見えないのですが、バックに塩田平の風景があり、青空に山並み。走って坂を上り、急な下りを駆け下りてきた疲れが、この景色を見て吹き飛びます。
北信地方の高山村の雷滝という滝は、落ちてくる水の流れの裏側から見ることができるので、「裏見の滝」と呼ばれますが、前山寺のこの眺めは「裏見の塔」。間近では見ることのできない風景です。絵心があればキャンバスに向かうんですけど。そんな気持ちにさせられる場所の一つです。(F森)

関連記事

  1. 塩田の秋 その1 前山寺の黄葉
  2. 常楽寺美術館の企画展 中国人水墨画家が描く別所の風景
  3. 厳しい坐禅の修行 曹洞宗のお寺
  4. 塩田スイーツ物語 -くるみ&白黒ごまのおはぎと豆大福-
  5. 前山寺三重塔の謎 いつできて、どうして未完成なのか? 前編
  6. 舌喰池で 大花火大会!
  7. 塩田平の文化財 -西国三十三観音 その1-
  8. 塩田平の文化財 -安曽神社 前編 珍しい門-

最近のブログ記事

PAGE TOP