ブログ

三重塔と藤の花 2023

毎年楽しみにしている前山寺の藤の花。塩田を代表する藤の花の名所です。
 大型連休の良く晴れた日、大勢のお客さんが前山寺を訪れていました。
1936年(昭和11年)に植えられたといいますから、樹齢約90年。相当の長寿ではありますが、今年もきれいに咲いてくれました。
藤の花を写真に収めようとすると、やっぱりバックが三重塔っていうのがいいんですね。毎年同じ構図で撮ってしまいます。
藤の花は、昔から日本で愛(め)でられていたようで、清少納言の「枕草子」でも「めでたいもの」に藤の花が挙げられています。この「めでたい」は「すばらしい」という意味のようなのですが、個人的には「愛でたいもの」っていう感じですね。三重塔をバックにじっくり花を観て、「いいなあ」って思えるここの藤には、そういう表現でいきたいですね。
 また、藤の花言葉は「至福の時」なのだそうです。まさに至福の時を過ごさせていただきました。(F森)

関連記事

  1. どんどん焼き
  2. 四国八十八所の霊場を信州塩田で巡る その15 法樹院 
  3. 世界初!! 発芽コーヒー
  4. 塩田のスイーツ物語 まんじゅう屋さんのバウムクーヘン
  5. 四国八十八所の霊場を信州の塩田で巡る その1 長福寺
  6. 古寺の彼岸花 中禅寺
  7. 舌喰池の蓮の花
  8. 塩田平の文化財 -塩田の百体観音-

最近のブログ記事

PAGE TOP